5月 082014
 

WordPressをインストールして、宣伝活動やサテライトとして使う事を考えると、よほどの人気コンテンツを想定していなければ、1台の共有サーバーに数個のブログをインストールするような使い方をすると思います。

実際、SQLデータベースが無制限とか、そういう共有サーバーはいくら無制限でも数十個もワードプレスをインストールしたら耐えられないわけで、実質30個程度の制限でも十分すぎる思っています。

では、複数のブログを入れたサーバーが快適に動くかどうかは、そのサービスを提供する会社が表示しているスペック表を見ても判りません(都合の悪いデータはスペックとして表示しないと思いますし)ので、実際にやってみるまでわかりません。

これがPSやVPSならチューニング次第で、快適な条件を構築していくこともできますし、グレードアップする事や限界を把握する事も出来ます。

しかし、安価なレンタルサーバーの場合はそうもいきません。

私はWordPressレンタルサーバーの比較サイトで、WordPressを入れた時のレスポンスを同時説毒リクエストで計測しているサイトを参考にしています。

これなら、時間や時期という条件を抜きにしても、サーバーにどの程度の実力?があるのかがあらかじめ分かりますから、失敗する事は無くなりました。

 Posted by at 7:29 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.