部分入れ歯

 美容健康  部分入れ歯 はコメントを受け付けていません。
10月 282016
 

歯科で働いていたことがありますが、入れ歯とはお年寄りが装着するものだと思われがちですが、実はそうではありません。

30代40代の方でも入れ歯の方はたくさんいます。
ですが、お年寄りのように総入れ歯ではありません(笑)

なぜ入れ歯をしないといけなくなったかというと、人間の奥歯はとても大切な役割を果たしていて、噛むということはほとんど前歯か奥歯で噛みますよね?

その奥歯が2本並んで失ってしまうと治療が限られてしまい、部分入れ歯となってしまいます。

まだ30代の方々は「2本なくてもいいですよ」「入れ歯にするのなら奥歯がないほうがいい」なんて人も多々おられました。

ですが、歯とは賢いものでないままにしておくと次は下の歯が上へ伸びてくるのです。

そうすると根が露出して時が経つにつれて下の歯は動揺してきます。
こうなると「イヤだ」と言っていた人は最終的に上下の部分入れ歯になってしまいます。
結果的に何が言いたいか、部分入れ歯は意味があるということなのです。

下の歯が伸びてくるのもそうですが、何もない状態だと奥歯がない手前の歯までも後ろに寄ってくるのです。

ですので考え方を変えるとある意味部分入れ歯は矯正器具と考えても良いでしょう。

こういった事が起こらない為にも嫌であれなんであれ歯医者さんの言うことを聞いたほうが自分の為ですね。

 Posted by at 5:25 PM

時々マッサージ

 美容健康  時々マッサージ はコメントを受け付けていません。
5月 252016
 

肩こりになりやすいので時々マッサージに行っています。

パソコン仕事やデスクワークが多いということもあって何かと肩や首まわりが凝ってしまうことも多いのでできるだけほぐすようにしています。

忙しくなってくると自分でストレッチしたり体を動かしたりする余裕もなくなってきてそろそろマッサージに行こうかということになります。

私が行きつけにしているのは丸の内(名古屋市栄)のマッサージ店ですが、腕の良いスタッフがたくさんいて料金も安いです。

以前は新店と言う事もあり、かなり混みあっていて待ち時間も多かったのですが、最近は混雑も落ち着いてきてだいたいあまり予約さえきちんとすればスムーズです。

今日こっているところを聞かれるので、はっていたり、とくにこりかたまっているところをマッサージ師に伝えてやってもらいます。

肩と首はほおっておくと頭まで居たくなってくるのでそうなる前に徹底的にもみほぐしてもらっています。

終盤にもう一度リクエストがあるので、やってもらいたい部位を伝えると重点的にやってもらえます。

会話をするのがいい人もいますが、私はあまりしたくないのでこっているところを伝えて、少しなぜこっているのかなどの雑談を少ししてあとは静かにやってもらうスタイルです。そのほうがマッサージに集中できてよりリラックスできます。

 Posted by at 11:21 PM

良い歯医者さん

 美容健康  良い歯医者さん はコメントを受け付けていません。
4月 052016
 

今日も実は歯医者に行ってきたばかりですがけして治療ではなく歯のクリーニングのためです。

前回は4ヶ月ほど前ですからだいたい年に3~4回こういったクリーニングの目的で行くことにしています。

定期的に行く事を考えると、行きやすい場所を選んでおかないとサボってしまいますから、通勤に使う越谷駅の西口近くで良い歯医者さんを探しました。

以前はいちいち通うのが面倒で数年に一度しか歯医者のお世話になることはなかったのですが、この2年ほどはほとんどクリーニングだけのために通っているような感じですね。

悪くなるとかなり深刻になるまで気付かない性格なので事前に診てもらっている方が安心できますし、何より喫煙から来るヤニの汚れや歯石などは歯医者で掃除してもらうのが安くて早いのです。

普段からブラッシングに気を遣う性格ならこんなケアは自宅でできるんでしょうが、仕事で疲れているとついついさぼってすぐ歯磨きを済ませてしまうので、何度先生から指摘されても結局長続きしません。

4ヶ月ぐらいすると必ず歯に汚れが付着しますから丁度いいのですね。

また歯茎の状態や虫歯に関してもチェックしてもらえますし、定期的に通うメリットはいろいろあるように感じます。

行き慣れている越谷の歯医者ですと遠慮しないでアドバイスも受けられますし、歯が元々弱い私にとってはこの定期通院は予防する上でかなり大事なのです。

お陰さまで最近虫歯は全く無し、多少面倒でもこのペースで通院するつもりです。

 Posted by at 11:19 PM

腰痛ストレッチ

 美容健康  腰痛ストレッチ はコメントを受け付けていません。
12月 102015
 

大学時代にスキー部に所属しておりました。

練習する場所がなかったので大学の駐車場などのアスファルトの上でスキーの陸上練習をしていました。スキーの独特な練習方法としてさまざまなジャンプ練習があります。

アスファルトの上でのジャンプはかなり腰に負担がきます。

引退したOBの何人かはアスファルトの上は反対しているのですが、なかなか伝統(?)というものを変えられない部活でした。

体育系なのでケガは気合が足りないからだ、みたいな意味が分からないことが常識でした。あるとき抱え込みジャンプを連続30回をしているときに腰にピリピリと何かがはがれる音とともに激痛が走りそのばでうずくまってしまいました。

先輩たちは「気合いを入れろ!」と言うだけでなにもしてくれず、ひたすら自分たちの練習をしているだけでした。

さすがに歩けないのでそのまま横になって練習を見学しました。それから同期の肩を借りてなんとか帰ることができました。

それから家に着くものの、立って階段をあがることができずほふく前進で2階に上がりました。

寝るのにも同じ姿勢ができず、常にカラダを動かしていたので一睡もできませんでした。

うとうとすると激痛で目が覚める、という感じです。そして一番困ったのはトイレでした。ベッドから降りるのも30分以上もかかってしまうので、トイレに行くのはあきらめ人生で初めてコップにしました。

1週間もすれば歩けるようになったので、そのあとは病院にいっていろいろ検査&治療してもらいました。ラッキーなことに手術はしないですみました。

今では綱島で腰痛ストレッチを教えている整体に通い、筋トレをして腰まわりの筋肉をつけて腰痛予防に心がけています。

それでも寒くなったり、腰が冷えると腰が抜けるような感じがするので物をひろうときなどの日常生活やくしゃみなどにも気をつけるようになりました。

 Posted by at 11:02 PM

脱毛の進化

 美容健康  脱毛の進化 はコメントを受け付けていません。
11月 262015
 

最初に脱毛サロンに行こうと決めたのは20代前半の頃、いまから数年前の事でした。

当時も安価なサロンはありましたが、いまほど価格競争が激しくなく、定額通い放題などはまだ少なかったように思います。

腕や足など気になる箇所はあったもののコース契約をいくつもするとかなり高額になってしまうのと、自己処理が絶対に必要となる両脇のコースから始めることにしました。

6回コースで約2万円。
6回というのは2年かけて使い切るくらいの回数設定でした。

レーザー脱毛のコースでしたが、肌に合わなかったのかかるく炎症を起こすこと数回、
6回で毛量は少なくなりましたが、完全に毛が生えなくなるわけではありませんでした。

しかし、毛量が少なく、毛の1本1本も格段に細くなっていったことにより、残った毛の自己処理の回数も減ったので、自己処理による肌荒れや毛穴の開きに悩まされることはなくなり、そういった悩みから解放されただけでも、脱毛サロンに行った価値はあった、と思います。

そして去年から、あらたに両脇の脱毛のためにサロンに通うようになりました。

以前の事を考えて、福岡の脱毛の店の中でもワックスを使用した施術で評判が良いところを選びました。

これが、特殊な最新ワックスを使用している為か痛くなかったし、一度でツルツルになるのが爽快でした。

もちろん他の部位の脱毛コースの契約も勧められましたが、しつこい感じは無く、ツルツルの脇を見て是非今度は他の場所も脱毛しようと思いました。

その後は自己処理がとても楽になったし、費用も時間も少なくて済むのでこのまま、通い続けて綺麗な脇を手に入れたいと考えています。

 Posted by at 11:05 PM