家のリフォーム

 ホーム  家のリフォーム はコメントを受け付けていません。
2月 272015
 

家のリフォームは長年住んでいれば、必ず必要になってくるものです。工事をしてもらうときにどこをやるかですが、あれもこれもやってもらっては、予算がいくらあっても足りません。

一番にやるべきところと言ったら、やはり外壁でしょう。

外壁は、太陽光や雨などが直接当たるので、傷みも早いですし、壁が傷んでしまうと、雨漏りの原因にもなってしまいます。

一般的に雨漏りの原因となるところは、シールを打ってあるところです。

シールは10年ももてばいいところなので、これを外壁塗装と一緒にやってもらうのがベストです。

普通は、塗装とセットで行うものですから、工事を頼む業者もそう思って見積もりを出してくれるので、そこは心配要らないかもしれません。

外壁塗装をやってもらうには、外壁の洗浄や、足場も必要になってきますから、その予算のことも頭に入れておきましょう。

私の場合は、口コミで外壁塗装の専門家の会社にお願いしたので、そのあたりの料金設定はとてもわかりやすかったです。

塗装にもグレードがありますので、ある程度知識が必要です。

自信がない場合は信頼できるプロにお任せという方法もありますが、説明もきちんとしている業者を探すべきです。

あまりにもいいものになると、かなり高額になります。
ナチュラルトーンなどの石調の吹きつけ塗料で、見た目が豪華になるような効果がありますし、屋根に塗る事で室内温度上昇を防ぐような効果のあるものもあります。

いい塗料を塗ってもらいたいと思うのはみんな同じですが、自分の家にそこまでの施工が必要なのか、予算はどこまで出せるのかを担当の人とじっくり相談して、一番コスパの高い方法を提案してもらいましょう。

 Posted by at 8:01 PM

ブラインドの良さ

 ホーム  ブラインドの良さ はコメントを受け付けていません。
10月 272014
 

私の自室ではブラインドを使用しています。

ブラインドの良い点と言えば簡単に日差しの入り具合を調節できる点ですね。

カーテンだと全部閉めるか開けるかで、微妙な調節が出来ないですがブラインドはその点は楽です。

私の部屋は西日が当たり夕方はとくに眩しくなるので、向きを上向きにして日を当たらないようにしています。
カーテンでは日差しの方向まで調節するのは無理なので助かります。

向かいのビルの視線も考えて角度を調整することが出来るので、夏などは風通し良く、それでいて部屋の中も見えないという状態にできますので重宝しています。

また私はどちらかというと埃に弱いので、カーテンのように埃が舞わないのも良い点です。

たまにブラインドに積もった埃を掃除しますが、ハンディタイプのクリーナーだと簡単に掃除できるので楽です。

カーテンだと洗濯は中々できないです。

インテリアの面からみても、一色なので部屋をスッキリとした印象にしてくれます。

他の家具やインテリアの邪魔をしないので部屋の模様替えもイメージ通りの簡単に出来ます。

部屋に訪れた友人からはブラインドは知的な部屋に見えるといわれます。

確かに言われてみればブラインドはどちらかといえばオフィスのイメージがあるのですが、通信販売では一般家庭用のおしゃれな木製品やカラーの鮮やかなものなどたくさんの種類があります。

 Posted by at 6:28 PM

寝転べる床

 ホーム  寝転べる床 はコメントを受け付けていません。
10月 232014
 

今の家は、殆どがマンションでフローリングが多くてお年よりをもつ家庭ではおじいちゃんおばあちゃんが、寝転がってゆっくりする場所がないと嘆いている人も居ることでしょう。

そうとは言っても、マンションでも絶対に和室がないなんてことはないのですが、その和室も利用することがあれば、おじいちゃんたちの居場所としては使えなくなります。

でも何が何でも畳じゃなくちゃ嫌だというわけでもないし、どうしたらいいんだ?となります。

そこで、気分によって使う部屋を変えたい・でも床がフローリングなんで困るという場合にはスペースにあわせて使えるタイルカーペットがお勧めです。

タイルのように四方同サイズのカーペットを敷き詰めることで広範囲にわたってカーペットを敷いたことと同じようになります。

表面のふんわりとした作りのタイルカーペットを敷けば、そのままごろりと出来るし、布団を敷いて寝ることも出来るしひんやりとするから足腰が痛いとかにならないし便利です。

また、普段の手入れも簡単で基本の手入れは濡れたふきんで拭くことですが、汚れた場合は中性洗剤をあわせた水でふき取るそうです。

誰にでも簡単に設置できて手入れも簡単なタイルカーペットは、今の時代に多い変形タイプの部屋にも簡単に敷いて使えるということで人気を集めています。

家具一式

 ホーム  家具一式 はコメントを受け付けていません。
10月 172014
 

私は海外での長期滞在後に日本に帰国、家具一式を買う機会がありました。

震災後にかなりシンプルな生活スタイルにして、長期滞在が決まった時に、賃貸を一度引き払ったからです。

家具選びは非常に難しく、頭を使う作業です。
予算の関係上、なるべく安く気に入ったものをということで、専門家具店、デバート等に入っているインテリア家具店、IKEYA,ニトリなどに足重く通いました。

自分の作りたい部屋のイメージはアジアのリゾートホテルのようなシックで緑も似合う感じにまとめたかったので、そういう感じの家具を一生懸命さがしました。

しかし、いろんな家具やを見ているうちにだんだんわかってきたのは、日本には個性的な家具が少ないということです。

部屋が狭く、間取りもどこの家もあまり変わらないということもあるでしょうが、どこの店に行っても同じデザイン、色合い、材質で「これだ!」というものになかなか巡り会えません。

ショールームなどに飾ってあるものでよいものもあるのですが、とても庶民の私には手が届く値段ではありません。

海外のアパートメントは大体家具つきです。同じアパートでも部屋のオーナーによって家具の趣味が変わるのでどの部屋も非常に個性的です。

そして、先祖代々使っている家具や古い家具をペイントし直したり、毎年一つずつお気に入りの家具を買い足して言ったりと家具に対する愛着がかなりあるように思われます。日本人はとにかく使い勝手や便利さ無難さを重視するのでしょうか。

結局、必需品的なものは割り切って、送料無料の家具格安通販を利用しリーズナブルに。
その後リサイクルショップを何軒かまわり、中古で質の良いものが値下がりした自分の気に入ったものを購入しました。

実際に部屋に入れると思ったよりダイニングテーブルもソファも大きかったのですが、友人が我が家に来たときに開口一番、「素敵なテーブル!」と言ってくれたので、多少狭い思いはしていますがとても満足しています。

 Posted by at 12:38 PM

家財一式?

 ホーム  家財一式? はコメントを受け付けていません。
9月 082014
 

先日マンションの購入を機に、今まで使っていた古い家財を一式リサイクルショップに買い取ってもらいました。

出張をしているリサイクルショップで埼玉県内、家具関連を強化しているお店に依頼してすっかり持って行ってもらいました。

そういえば20代の頃、一人暮らしから実家に帰る際、リサイクルショップを利用していらない家具を売ったことがあります。

最初は粗大ゴミで出そうかと思っていたのですが、友達から聞いてリサイクルショップで売却できることを知りました。

なので初めての利用で不安だったのですが、電話一本ですぐに見積もりのために来てくれたのには驚きました。

私が売ったのはベッド、ソファ、カラーボックス、姿見鏡、机などの若い女性の一人暮らしではよくある安い家具なのですが、見積もりをして出た金額は全部で9000円、と思ったよりも高い金額でした。

ですが私はその気持ちを表に出さず、ダメ元で9000円よりももっと高く売れないかを交渉してみました。

まず、こんな単純な話は珍しいかもしれないのですが「1000円札が9枚よりも1万円札を1枚にした方がキリがいいでしょ」
とサラっと言ってみたら、3回くらいの押しで1万円にしてくれたのです。

それも驚きました。通常はだいたい少しずつ値上げしながら交渉していくものかと思っていたのですが、見積もりに来た店員さんは新入社員らしく、まだ交渉になれていないそうなので、すんなに交渉成立してしまいました。

こちらとしては嬉しいお話でしたが。

 Posted by at 10:54 PM