ホームページの宣伝、SEO

 インターネット  ホームページの宣伝、SEO はコメントを受け付けていません。
5月 292013
 

商用ホームページ(会社のホームページ)などを運営するようになって、キーワード広告やバナー広告など、ネットの宣伝は一通り試してみました。

一概に言えるのは、キーワード広告ははっきり言って月数万円程度の広告予算しかないなら焼け石に水、費用対効果の数字を出す前にリスティング1日にリスティング予算を使い切ってしまいます。(予算をオーバーしないように表示が抑えられる)

おそらく、設定したキーワードが24時間表示され、まともな数字を産油つできるようになるには100万円単位の広告予算が必要です。

バナー広告に関しては、ほんの4~5年前に比べて恐ろしいほどクリック率が低く、クリックされても売り上げにつながる率は1%以下という状況です。

まともに売り上げをあげるなら、物販なら有名モールに出店、サービス系なら検索エンジン露出を上げるしかありません。

検索露出を上げるならSEO対策をしていかなくてはいけませんが、検索エンジンのアルゴリズム(ランキングを決定する仕組み)は1年でがらりと変わるそうです。

そうなると素人では追っていけませんので、専門家に依頼する事になります。

私の場合、やはり予算が限られているので失敗は避けたい。
そこで、見つけたのが、実際に目標の検索結果が3日間以上表示されてから契約が始まるタイプのSEO対策サービス( http://atobarai.1page-seo.com/ )です。

成果報酬に近いのですが、あくまで効果が出ることを確認したら契約という感じなので失敗のリスクが非常に少ないのが特徴です。

その後は月額固定費用でSEOコンサルティングと保守を受けることができますので、ウェブ担当者を一人雇う事を考えると非常にコストパフォーマンスが高いと思います。

名古屋のホームページ制作会社

 インターネット  名古屋のホームページ制作会社 はコメントを受け付けていません。
2月 012013
 

私が以前勤めていた会社で同僚だったA君が、彼の地元の名古屋で実家の雑貨チェーン店を継いだと聞いた。

私が副業のウェブショップの仕入れの為、浅草橋の問屋で偶然出会い、名古屋の輸入雑貨の問屋を紹介してくれるとの事だったので、そのまま一緒に新幹線に乗って移動する事に。

新幹線での移動中に、わたしがecカートシステムを使った商品点数5000点前後のウェブショップを見せたところ、「この規模の商品数をカートで売れるなら、うちの輸入雑貨ショップも作りたいなー」との事。

今も、HPは持っているが、東海地方のSNSのショップページと、べた書きのランディングページのようなもの一枚きりだった。

まずはじめに、少なくともデザイン以外にECショップシステムを構築できる実績があるところを探すことを進めた。
むろん、5000点~1万点以上の商品群をさばくとなればそれ相応のスペックのサーバーを運用できるところでなくてはいけない。

また、そのような規模のショップシステムの場合、当然ネットワークトラブルも発生する為、市内でレスポンスも良い業者でなくてはいけない。

手元にあったタブレットでピックアップしてみると、デザインも高水準でITビジネスにも精通し、ECシステムの運用実績が豊富なホームページ制作 名古屋市内の制作会社が見つかった。

新幹線を降りて、私は問屋さんの名刺をもらって地下鉄に乗り、彼は早速制作会社さんにアポイントを取ったようだった。

【SEO対策】googleがグルグル動いてる

 インターネット  【SEO対策】googleがグルグル動いてる はコメントを受け付けていません。
8月 062012
 

アフィリエイト用に10個ほどLP(ランディングページ)サイトを運営している。

GRCというSEO対策用の順位記録ソフトを使ってるが、
6月にgoogleの検索結果がムチャクチャになったサイトとそうでないサイトがあった。

↑①順位が上がってほとんど動かないサイト

↑②順位が下がったサイト

サイト構造的には、両方とも同じテンプレートで、1月頃内部SEO診断というのを行ってスパム要素を消してもらっている。

違いと言えば、被リンク方法が違う事。

①順位が上がってほとんど動かないサイトは、完全一致の内容のコンテンツページからのリンクでページランク評価のあるサイトだけを十数本だけのバックリンクサービス。質の良い少数リンクというやつ。

②順位が下がったサイトは100件強の大量被リンク業者(一応サービス名は伏せておく)からのリンク。

②は1月ころ一気に上がったが6月初めに一気に下がったことから、巷でいるペナルティー状態なのだと思う。

①の質の良い少数リンクのほうは、同時期の1月にバックリンクを付けてじわじわ上がり、そのまま特に何の影響も受けないまま後順位を保っている。

今後まだまだgoogleのアルゴリズム?は変更されていくだろうが、今の所、一気に大量に張ったリンクは一気に下がる危険があるという事は確認できている。

 Posted by at 9:33 AM