11月 102016
 

軽井沢に不動産を持つ、ということは一昔前の方が人気が高かったと思います。

先日友人の持っている別荘に数年ぶりに遊びに行った時に「現在はあまり周りに土地があるのに別荘の数が少ないなあ」と感じたからです。

友人の持っている別荘というのは一帯が別荘地として管理されていて、話によるとずいぶんと別荘の数が減ってきているという事です。

そうなると全体の管理というのも経済的に難しくなっているのかもしれません。

とはいえ軽井沢は夏はとても涼しいですし、都心にも割と近いので避暑地としての人気はきっと衰えないと思いますし、別荘自体のニーズも無くなることはないと思います。

週末だけ別荘で過ごす、という方も多いそうです。

バブルの頃にたくさん別荘を持っていた方が手放したのかもしれませんが、むしろそれは新しく不動産を持ちたい方にとっては価格が下がっていてチャンスなのかもしれません。
たまにしか行かない、という方は友人や家族や親せきと一緒に共同購入してもいいでしょうし、探してみればレンタルという方法もあるかもしれません。

以前は軽井沢に別荘を持っている、ということがステータスだったのかもしれませんが、現在はもっと実用的にセカンドライフの為の移住だとか、そういった傾向が強いと思います。

 Posted by at 11:38 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.