2月 182016
 

主人のたばこがなくなったという事で、手の空いている私が近所にあるたばこの自動販売機まで買いに行ってくることになりました。

一台しかない自動販売機には、主人がいつも数たばこの銘柄がありません。なのでどのたばこを買ってこればいいのか詳しく聞いて、忘れないようにブツブツと独り言で繰り返しながらたばこの自動販売機のある場所に向かいます。

そんなに離れてはいないけれど、普段からあまり歩かないせいか息が弾みます。

やっと角を曲がった時にはほっとした気持ちになります。しかし、いつもと景色が違うような気がします。

よく見るとジュースの自動販売機に並んで置かれていたたばこの自動販売機がなくなってしまっていました。つい先日通った時には確かにあったはずだけれど、いつの間にか撤去されてしまったようです。これには困ります。

コンビニまではずいぶん歩かなくてはいけないので、一旦諦めて家に帰ることにしました。

主人に自動販売機がなくなっていたことを伝えると、さすがに主人もショックを受けたようです。結構売れていたように感じていた自動販売機も、やはりたばこの値上がりや健康を考えて禁煙する人が増えて採算が取れなくなってしまっているのでしょうか?

主人もこれを機会に禁煙してくればいいななんてことを考えます。

 Posted by at 9:06 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.