3月 092015
 

社員の研修については、上司、部署、事業場、会社全体など、様々な観点での考え方が存在します。

会社としては、研修を数多くやって、いろんな見方や経験をさせようとする方針を掲げていても、上司や部署が新人教育に対して後ろ向きであったりして、重要な経験をできないという人もいるかと思います。

そのため、こなす数や質、経験については、会社の違いというより、個々人の置かれた環境に大きく依存しているように思います。

それでは、研修は数多く受けて、いろんな見識を身につけることがいいのでしょうか。

必ずしも数多く受ければいいというものではないと思います。本来の担当業務の時間を削ることになりますし、一方的に受け身姿勢で取り組んでいるのなら、何も得ることはないかもしれません。

しかし、企業研修には必ず目的があります。

新入社員が受ける研修では、社会人としての基本的な振る舞いから、会社の経営理念などを理解するなど、最低限、その会社に居る社員として持っておくべき知識をつける重要な機会であると思いますし、昇格や昇進時に行う研修などは、企業人としての資質を見極めるには、非常に有用なものだと考えます。

そのため、節目節目では、研修というものは必要なものであると思います。

また、そういった以外にも、同年代の同職種でレベルアップを図るための勉強会のような研修であったり、社内の職種や年齢に関係なく、人材交流を目的とした研修や、幹部社員を育成するための経営戦略を学ばせる研修など、その内容は多岐にわたるものがあると思います。

重要なことは、受講者がしっかりと目的意識を持ち、研修を受けること。

そして、スキルアップできたことや、他の受講者から学んだこと、業務と全く異なる社内の実務経験などを通じて感じたことなどを明確にすることもまた重要です。

そして、それらを今後の業務にいかせるよう、新たなものの見方、考え方、自分のあり方などを発見する機会にできれば、会社の研修としての役割は十分に果たせるものではないかと考えます。

 Posted by at 6:49 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.