8月 272019
 

今接客業のバイト求人情報で増えているのはラウンジと呼ばれるスタイルの飲み屋さんだと思います。

私の妹の通う大学の3年生くらいの子たちが西麻布のラウンジで働いているらしく、短時間で高時給、かといって他の夜のお店のようにオラオラ系が大騒ぎするような怖さもないという事でじわじわとバイトする女子が増えているそうです。

私はラウンジとかクラブというのは大企業の社長さんが秘書や部下を連れて接待をするところで、一般庶民には全く縁がないもののような気がしていましたが、恵比寿や六本木、西麻布の会員制ラウンジにはマスコミ業界人やIT社長など若くして成功した客層も多く来るらしく、就職活動で業界にコネを作りたいような子も働いているので、在籍女性の水準もかなり高いのだそう。

女子アナの大学生時代にこの辺りのラウンジやクラブに在籍していたという暴露を週刊誌でよく見かけますが、ラウンジもピンからキリがあって、そういったお店は「キリ」の超高級店なのでしょう。

在籍キャストの水準が高ければ、より羽振りの良いお客も増えるわけで、バイトする側にしても待遇は上がっていきますよね。

今は不況で飲み屋さんにしても、激安店、ワンコイン店など庶民向けにインフレ化が進んでいると思いますが、その一方でラウンジのように客単価も上がっている業界があるという、経済的二極化が進んでいることを実感します。

Sorry, the comment form is closed at this time.