8月 042014
 

一度営業職をリーダークラスまで経験した人は、売る商品さえあれば大抵のものは売ってのけると言いますが、私の友人はまさにその言葉通りの人物です。

7年ほど前に独立して、会うたびに違うものを売っていますが、彼の場合は「生活用品」で便利なもの、ならそれを売るトークと技術がある為、収入には困らないと言っていました。

商材はどこから見つけてくるのかというと、まず大きな一本柱は同じような独立した営業マン同士で情報を交換していて、副業(というかサブの収入)となる商材は、ネットなどで見つけているそうです。

代理店募集等で検索すると、色々な商品(彼の場合、宅配水や家電製品)などの個人代理店制度の紹介があったり、代理店募集の情報のみを扱ったサイトもあるようです。

基本的に、個人での代理店収入プログラムを用意している会社は、兼業などの縛りが無い為、どんどん同じような販売報酬に登録していき、一通り売ってみて、割のいい商材を本格的に売るという方式をとっています。

彼の場合は元々、デパートなどの実演販売をやっていた人間なので、生活系グッズなら本当に説明がうまくて、会食中に思わず買ってしまいそうになることがありましたので、これもある種の特殊技能なんだなと思います。

Sorry, the comment form is closed at this time.