9月 032014
 

私が最近注目しているというか、雑誌でよく特集が組まれていて気になるのが、アメリカ社交界で活躍するソーシャライツことオリヴィア・パレルモです。

ソーシャライツという言葉も彼女が有名にしたのではないかとさえ思います。

ドイツ人モデルのヨハネス・ヒューブルとラブラブなのも知られていますが、二人でデートするときのファッションが素敵すぎます。

身長は163cmなので日本人の私にも手の届く範囲。

プチプラブランドも上手に利用していて、一番参考になります。

今までハリウッドのセレブといえば、どぎついショッキングピンクやネオンカラーのコーデをしていたり、色の白さが際立つような色選びで参考にならないことも多かったです。でもオリヴィア・パレルモは、外国人にしては珍しく(失礼な言い方かもしれませんが)地味色の選び方がとても上手なんです。

遠くからみたら、肌色に見えるのではないかとババカラーなベージュをレッドのスカートと合わせたり、全身オールブラックなど、それなら私でもできる!と思うコーデがたくさんなんです。

地味かなーと思うと、手首にはデュナミスなどのダイヤモンドをあしらった大ぶりの時計が光っていたり、本当にオシャレだなあと思います。

わりと甘目なホワイトのスカートのときは、シルバーの絡めのオックスフォードシューズを合わせたり、甘辛バランスが絶妙すぎです。日本に来日してほしいです。

Sorry, the comment form is closed at this time.